骨伝導ドライバー搭載! Unique Melody Mini MEST をだいせんせいがレビュー
見出し画像

骨伝導ドライバー搭載! Unique Melody Mini MEST をだいせんせいがレビュー

みなさんこんにちは。ライターのだいせんせいこと工藤寛顕です。

今回は、ONZOよりレンタルが開始されたUnique MelodyのユニバーサルIEM『Mini MEST』をご紹介いたします。

Unique Melodyといえば、下は7~8万円から上は30万円ほどに至るまで、ポータブルオーディオとしてはなかなかハイエンドな製品ラインナップを揃えるIEMブランド。特に近年では、新技術を積極的に取り入れた意欲的なユニバーサルモデルが多く評価されているだけに、本機もぜひチェックしておきたいところです。

製品概要

画像1

Mini MESTはその名の通り、既存のユニバーサルIEM『MEST』を小型化したようなモデル。具体的に言うと、MESTに使用されている骨伝導技術を採用した、骨伝導ドライバー+BA型ドライバーという世にも珍しい構成のハイブリッドIEMなのです。

MESTはDD型+BA型+静電型+骨伝導という「クワッドハイブリッド」のモデルでしたから、それと比べるとかなりコンパクトにまとめられた製品となっています。

とはいえ、IEMに骨伝導ドライバーを搭載するというアプローチは他社製品ではなかなかお目にかかれない代物。メーカーの希望小売価格もMESTから10万円弱ほど安くなっているため、今まではなかなか手が届かなかった……という方にも嬉しい製品かもしれません。

もちろん、純粋に7〜8万円クラスのIEMとして見てもトップクラスのクオリティを持った製品です。

作り込まれた筐体設計&デザイン

画像2

まずは外観からチェックしていきます。「Mini」の名の通り、MESTとの比較はもちろん、Unique Melody製品全体で見てもかなり小ぶりなサイズ感となっています。

過去の製品でいえば「Macbeth II Classic」あたりが近いところでしょうか。リケーブル用端子はカスタムIEMで一般的な0.78mm2pinで、カスタマイズもしやすい仕様です。

画像3

手持ちのMACBETH Customと比較してみるとこんな感じ。形状的にもカドが無いつるっとしたデザインで、なおさらコンパクトに映ります。

画像4

イヤホン本体はUnique Melodyらしい青を基調としたデザイン。ネイビーに近いようなダークブルーのシェルはわずかにクリアな素材となっており、光に当てると内部に収納されているドライバーユニットがわずかに見られます。

画像5

フェイスプレートはカーボンファイバーがランダムにデザインされており、黒をベースとして差し色に青が使用されています。角度により様々な表情を見せてくれるような美しい仕上がりで、この辺りのビルドクオリティの高さもUnique Melodyならではと言えるでしょう。ちなみにL側には「UM」ロゴ、R側には「Unique Melody」ロゴがそれぞれ配置されています。

付属のPUレザーケース

画像6

他のUM製品にも付属している、Dignis製オリジナルPUレザーケースが付属します。Unique Melodyのコーポレートカラーである印象的なブルーがデザインされており、イヤホン本体の意匠ともよくマッチしていますね。PUレザーの肌触りもよく、セミハードな質感でポータブルにも安心。

画像7

内部にはひし形のセパレートが用意されており、好みのスタイルに着脱することが可能です。フタ側のネットは収納力としては薄いものの、小さなケーブルやイヤーピースなどは入れておけるでしょう。

レビュー

画像8

それではレビューしていきます。まずは装着感から。ユニバーサルIEMのフィッティングに定評のあるUnique Melodyだけあり、本機種もさすがの装着感の良さ。上述の通り丸みを帯びた筐体形状のため、耳に当たる感触としても良好。

ただ、オリジナルのMESTのような大きめなサイズ感のモデルと比べると、イヤホン全体で耳に固定するような感覚が少し弱いため、イヤーピースのサイズが合っていないと少し外れやすいかも。コンパクトな分、窮屈な印象はやや軽めで、他のモデルよりライトに運用できそうです。

そして音質。特徴的な構成から突飛なサウンドを想像される方もいるかもしれませんが、むしろ音作りとしては正統なバランスの取れた仕上がりになっています。

ベースとしてはLow/Mid/Highに1基ずつ配置された3BAイヤホンという感じで、どこかの帯域が痩せることもなく、きめ細やかでクリアな響き。そこに骨伝導ドライバーが加わったためか、自然でなめらかな、ふわりと抜けるような残響感がプラスされ、なんとも心地良いまとまり方です。

たとえば宇多田ヒカルの「Beautiful World」では、背景のパーカッション周りなどは粒立ち良くシャープに鳴っているのに、手前のボーカルは少し柔らかな肌触りで、そのコントラストが気持ちよく、かつハイブリッドならではのメリットを生かした音だといえるでしょう。

ジャンルを問わず鳴らしてくれるオールラウンダーな1本となっており、決して色モノ枠でなく、メイン機として第一線を張れる実力を備えていることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

終わりに

以上、Unique Melody Mini MESTのご紹介でした。

Unique Melody特有の意欲的な構成でありながら、既存モデルよりお手に取りやすい製品としてラインナップしたMini MEST。ONZOではレンタルという形でさらにお手軽にお試しいただけます。気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

お相手はだいせんせいこと工藤寛顕でした。

https://onzo.co.jp/products/530


借りて。試して。買う。新しいオーディオの買い方・オーディオサブスクリプションレンタルサービスを運営しております。気になる商品があればぜひONZOをご利用ください。