見出し画像

優れた製品には優れた魂に宿る。ORBの精髄

ORB Audioの高級イヤホンケーブル、ORB Clear force UltimateとORB Glorious force。どちらもORBの職人の手によって作り込まれている。その品質は本物だろうか。音の印象は?早速テストしてみたい。今回試したのはそれぞれ3.5mm L字プラグmmcxモデルだ。本村英一がお届けする。

外観、ビルドクオリティについて

外観はそれぞれ非常に良い。ORBのケーブルを手に取ると、そのしなやかな取り回しに驚かされる。ORBは元々電子機器のOEMを行い、高い品質管理能力で評価されてきた歴史を持つ。L字型のプラグをスムーズに回転させる可動式構造、滑らかに動作するが止めたいところでピタッと止まってくれる結束ガイドリングなど、細部の作り込みは丁寧である。両モデルは造形の細部に違いがあるが、しなやかな材質感は共通している。耳に掛けるIEMスタイルのイヤホンと組み合わせると、後頭部を通すことで、耳に引っかからずにケーブルをタイトにホールドしてくれる。
今回はテストできなかったが、製品版では専用のイヤーハンガーも付属するのでさらに装着感を追求することも可能だ。

画像1

ORB Clear force Ultimateレビュー

ここから個別に見ていこう。ORB Clear force Ultimateは導体にPC-Triple Cを用いている。古河電工の高純度無酸素銅を素材とし、「定角連続移送鍛造法」によって連続結晶に近い構造を実現した導体だ。周知のとおり、結晶と結晶の境目である結晶粒界が存在すると電流が流れにくくなる。PC-Triple Cは特殊な鍛造法でオーディオの理想である単結晶に近い伝送環境が整えられているというわけだ。一方であくまで鍛造で融着させていても、最低限の結晶粒界は維持されているため、不要な導体の振動は結晶粒界に吸収されやすいというメリットもある。これにより全体としてピュアなオーディオ信号伝送が可能になる。

画像3

実際の音はどうか?Antelope Audio Amariにnewspring NSE-1000Bをつないで試した。山本剛トリオ「Live at the Misty」から「Moanin’」を聴く。高解像低歪のNSE-1000Bはストックケーブルでも十分に上質なサウンドを聴かせてくれるが、ORB Clear force Ultimateを通すとより粒度が細かいサウンドが楽しめる。残響感は全体的に向上し、シンバルの響きは奥行きを増し、スネアのサウンドはスナッピーの震えがより繊細に、息づくように聞こえる。高域がよりディテールが細かく聞こえるのは事実だが、決してハイ上がりになるわけでなく、質感の自然な雰囲気はそのままだ。高品質で低歪のドライバーのイヤホンと組み合わせ、録音状態の良い音源で聴くほど、このケーブルは真に迫る性能を見せてくれるように感じた。自然な質感とよりクリアに繊細に聞こえるディテール感の両立。それがこのケーブルの魅力だ。

ORB Glorious forceレビュー

ORB Glorious forceは導体に高純度銀メッキを施した4N無酸素銅を用いている。こちらは力強い低域と輝くような高域をアピールする製品だ。

画像2

こちらもAntelope Audio Amariにnewspring NSE-1000Bをつないで試す。同じく山本剛トリオ「Live at the Misty」から「Moanin’」を聴いてみる。シンバルやピアノの音によりくっきりと描き出される光沢感が感じられ、全体的な引き締まりを感じる。低域の力感もより映えて豊かに響く。ORB Clear force Ultimateが文字通り音源を質的に向上させて聴かせるとすれば、こちらは音にエネルギーとなる光を与えてより色づき良く楽しめる。ピアノの躍動感に豊かな表情が感じられ、飲み込まれるようだ。

最後に

総じて両製品は取り回し、ビルド品質、音質ともに非常に高い完成度で作られており、オーディオフィルに十分な訴求力があるように思える。両者のうちではORB Clear force Ultimateのオーディオ構成の品質そのものを素直に向上してくれるようなサウンドがとくに印象的であった。

さて、これらORB製品をはじめ、ONZOではかなりの数のイヤホンケーブル製品をレンタルすることができる。こうしたケーブル類は専門店でもなかなかじっくりは試せない。それに、多くのイヤホンを所有するオーディオファンなら、ゆったりとくつろぎながら、心ゆくまでさまざまなペアリングを試したいもの。聴き慣れたオーディオシステムとともに腰を据えて取り組みたいというのが本音だ。イヤホンやヘッドホンのレンタルサービスは少なくないが、ケーブルまでレンタルできるというのは珍しく、ONZOの品揃えにオーディオファンとして心をくすぐられる。

1